浜風臘扇忌講演者一覧表

 

年  度

氏     名

講      題

1

平成6(1994)年 磯貝暁開 独尊者満之

2

平成7(1995)年 寺川俊昭  

3

平成8(1996)年 池田勇諦  

4

平成9(1997)年 児玉暁洋 満之の念佛

5

平成10(1998)年 田代俊孝

死は生の母なり
私のいのち、死に学ぶ生の感動

6

平成11(1999)年 福島和人 今、なぜ満之が必要か

7

平成12(2000)年 延塚知道 近代を超えた仏者

8

平成13(2001)年 林 暁宇 信ずるは力なり

9

平成14(2002)年

  百回忌4名

今村仁司

神戸和麿
池田勇諦
五木寛之

哲学者としての清沢満之
―現在安住―
自己とは何ぞやに聞く
悲泣する心

10

平成15(2003)年 本多弘之

仏教の原理と実践的に生きること
―清沢先生が求め続けた信念の本質とは―

11

平成16(2004)年 安冨信哉 空虚な自己からの脱出

12

平成17(2005)年

寺川俊昭
小野蓮明

清沢満之先生と『歎異抄』
信念の源泉を尋ねて

13

平成18(2006)年 脇本平也 臘扇と浜風

14

平成19(2007)年 箕輪秀邦 落在せるもの

15

平成20(2008)年 藤田正勝 清沢満之と西田幾多郎

16

平成21(2009)年 亀井 鑛 満之さんと茶話説法

17

平成22(2010)年 谷田暁峯 まことは先生の名なるかな

18

平成23(2011)年 近田昭夫

日本他力教の宗祖・親鸞聖人
―「救われる」ってどういうこと―

19

平成24(2012)年 浅井久夫

今よみがえれ、人間・清澤満之
―満之はいかに苦悩を乗り越えていったか―

20

平成25(2013)年 宮崎哲弥 時代とともに進化する仏教―伝統と革新―

21

平成26(2014)年 水島見一 われ他力の救済を念ずるときは

22

平成27(2015)年 真城義麿 帰命無量寿如来

23

平成28(2016)年 児玉暁洋 現世における最大幸福

24

平成29(2017)年 加来雄之 清沢満之と如来

25

平成30(2018)年 名畑直日児 清沢満之と正岡子規 −生と死をめぐってー 

26

令和元(2019)年 池田勇諦; 私の清澤先生;

27

令和2(2020)年   コロナ感染症拡大の為中止

28

令和3(2021)年 飯山 等 「根帶の自覚」

関連ページ

各地の臘扇忌